草刈で美しいガーデニングを保つ|造園について気になるコト

園芸

プロの技術

園芸道具

造園において庭木の伐採は特に注意が必要です。
庭木の大きさ、高さによって手入れの方法は異なりますが、木々の手入れの一つに伸びた枝を切る作業があげられます。

枝を手入れをすることは、古い枝を取り除き新しい枝の成長を促すことが出来ます。
その為、手入れをしないことで見た目も悪くなってしまいます。また、害虫を駆除する役割もあるので定期的な手入れは必要です。
美しい形を維持するためにも必要な作業です。

低い木の場合は自分で手入れを行なうことはある程度可能ですが、間違った手入れをしてしまうと木の成長を阻害し形が変形してしまったり害虫を招く原因になります。
高い木の場合は自分で作業をすると大変危険を伴います。自分で作業をすることで脚立から落ちて怪我をしてしまうこともありえます。
また、枝が近隣に伸びている場合でも迷惑をかけないように配慮をする必要があります。枝が伸びすぎることによって相手の敷地内にも枝が侵入してしまうこともあります。そうなると、近所トラブルに発展してしまう恐れもあるので気をつけましょう。

また自分で手入れが難しいそうな人は、専門職に頼む方法が一番です。専門職に依頼することで正しい方法で手入れをしてくれるので、仕上がりもキレイです。
なにより労力を使わず、かつ安全が保証されるからです。
近隣とのトラブルを避けるためにも専門職にお願いすることは楽な方法ですし、同時に草刈を依頼するとより作業が楽になります。